スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)

森見登美彦 『有頂天家族』

                    
有頂天家族


糺ノ森に住む
の名門・下鴨家の父・総一郎はある日鍋にされ、あっけなくこの世を去ってしまった。遺されたのは母と頼りない四兄弟。長兄・矢一郎は生真面目だが土壇場に弱く、次兄・矢二郎は蛙になって井戸暮らし。三男・矢三郎は面白主義がいきすぎて周囲を困らせ、末弟・矢四郎は化けてもつい尻尾を出す未熟者。この四兄弟が一族の誇りを取り戻すべく、ある時は「腐れ大学生」ある時は「虎」に化けて京都の街を駆け回るも、そこにはいつも邪魔者が!かねてより犬猿の仲の、宿敵・夷川家の阿呆兄弟・金閣&銀閣、人間に恋をして能力を奪われ落ちぶれた天狗・赤玉先生、天狗を袖にし空を自在に飛び回る美女・弁天―。と天狗と人間が入り乱れて巻き起こす三つ巴の化かし合いが今日も始まった。   (BY BOOKデータベース)

山本周五郎賞受賞後一作目らしいですが、そんな付加価値なんてものはかんけぇねぇ。(いやはや、受賞したのは大変めでたいことです)とってもとってもオモチロオイ(=´∀`=)ただただオモチロイ。まさに「面白きことは、良きことなり!」ですよ。はい。

これはオモチロイのもそうですが、なんといっても温かい家族愛。下鴨一家の父親がくれた揺るぎない誇りと母親がくれる大きないたわり。それを全身に受けて育った四毛玉たち。その下鴨四毛玉たちがまた一人一人いいキャラしてておおいに好きになる。長兄は応援したくなるし、次兄には懺悔しに行きたくなるし、三男と一緒にいたら愉快そうだし、末弟には萌えるし。親父はとても心がでっかくて、といえど憧れる器の大きさ。そのたちがまたいつもの京の街でいろいろと騒ぎ立てるこのモリミーテイストはもう忘れられない美味です。このテイストは完成されたものだと思うけども、ずっとこの世界観を失わずに進化していって欲しいものです。また京都が舞台ですが、モリミーの行動範囲だけは小説内で私小説化してるような気がします(笑)たぶんモリミーの住んでる界隈というか現実のモリミーのテリトリーばかりを描くコトで、情景の描写や雰囲気にリアリティを持たせてるのでしょうねっ。京都を少し知っているわしでも地名が出てきたらパッっとその道が想像できるからさ~。

『夜は短し、歩けよ乙女』ではなかなか手に入らずとっても貴重だった「偽電気ブラン」という密造酒。本書では大いに振る舞われていました(笑)なにせ四毛玉たちのライバル・「金閣」「銀閣」という兄弟の一族が偽電気ブラン工場を経営している設定ですから!!!!!赤玉先生(四毛玉一家の師匠)の好きな赤玉ポートワインもモリミー好きの読書家諸氏なら馴染み深い一品。悪者を請け負った金閣・銀閣の夷川一族はちょっと悪さがいきすぎてて、物語に入っていたわしはヤツらの振る舞いにプンプン怒ってしまいましたが、「それは阿呆の血のしからむところ」。笑い飛ばしてニシエヒガシエ(←byミスチル)受け流して、水に流すとしようか。そう水に流すと、ドジな上に阿呆ではなくお馬鹿なヤツらもなにか愛着が湧くキャラに思えます。下鴨家と夷川家の化かし化かされの化かしあい合戦の結末は、読んでのお楽しみにとっておくのがよろしいと思います。そこに面妖な天狗・弁天や金曜倶楽部の人間たちが加わって、ハチャメチャなモリミーワールドが爆発しておりますよ。

森見さんの作品を読んでいると四条や三条、祇園などに出向いたときにあっ!!ここは!?李白のバスが走ってた!!とかパンツ番長いないかなぁ~とか声には出さずに思い出してしまうときが本当にあります(笑)今年の初詣は例年の如くだだ混みの八坂神社でしたが、本書を読んだあとであれば彼ら一族と仲間たちと一緒にお賽銭を投げた気分を勝手に味わっていたでしょうねーwちょっと変な人かも(!?)と自分でも想いますが、それほどわしの中では強烈に優しく深い印象を残してくれている作家さんです。京都が舞台の作品もずっと書き続けて欲しいと切に願っておりますが、そのうち不意打ちのような変な場所が舞台の森見ファンタジーも読んでみたいですゞ(≧ε≦o)

続編ももう書かれているはずですので、海星の謎や赤玉先生の秘蔵っ子などまだまだオモチロイ展開が期待できそうで楽しみです☆続編に目を通すことができる日をキリンになって待ってます←意味わかる?笑

あっ、あと赤玉先生が最後にちょっぴり威厳を取り戻したのがなんか清清しかったです。下鴨一族はずっと有頂天な家族でよろし。



4.8 なむなむ!
関連記事
スポンサーサイト
.24 2010 【本:言語芸術】 comment0 trackback0

comment

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://kurogokegumo.blog135.fc2.com/tb.php/9-57052f56

プロフィール

チルネコ

Author:チルネコ
読書をライフワークとしております。読むジャンルは本のジャンルは基本的に小説です。特に文学、ミステリ、SFを好み。何かお薦め本があればご指南ください。リンク・コメント・TBも大歓迎ですのでどうぞよしなに^^

カレンダー

<< 08
2017
>>
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

訪問者数

ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ

書評サイトさん

読書&鑑賞メーター&音楽メーター

チルネコさんの読書メーター チルネコさんの読書メーター チルネコの最近読んだ本 チルネコさんの鑑賞メーター チルネコの最近観たビデオ
http://ongakumeter.com/u/1347

MY リンク

ブログ内検索+用語検索

ブロとも申請フォーム

ブロとも一覧

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。