スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)

桜庭一樹 『青年のための読書クラブ』

青年のための読書クラブ


“乙女よ(そして青年よ!)、永遠であれ。世がどれだけ変わろうと、どぶ鼠の如く、走り続けよ――!” 東京、山の手のミッション系女子校を舞台に、どぶ鼠の如き異端者の少女が集う「読書クラブ」の、百年にわたる理論武装の歴史を描いた物語。名門お嬢様学校の、禁断の部屋へようこそ……!  (BY BOOKデータベース)


この作品は好き嫌いが別れるとは思いますが、こんなのを読まされるとわしはワクワクしちゃいますねー。こんな方がリアルタイムで読める時代にいることを感謝したいと思うくらい桜庭さんは気にいってしまいます(笑)文章を読んでいると桜庭さんお作中の引用からもわかるように、やはり本をすっごく読んでいるのが伝わってきます。とりわけ海外文学的な雰囲気が文体に現れている上に詩的です。しかも、海外文学っぽくあるのだけれど日本が舞台なので遠からず、でも題材が題材なので近からずといった感じでただの遠い話でなく「?」がついてしまうような場面とあまり出会わない。古川さんとはちょっと違うけども、詩的という枠でカテゴライズすると同系列にいる作家さんのような気もします。

これは聖マリアナ学園という女学園の百年の歴史を描く物語で、連作短編形式。視点はというと学園ではいるかいないかわからぬような疎んじられているいわば異端者の集まりの読書クラブの面々。でも、これが桜庭さんらしい描き方であり読ませる術でもあり素晴らしいと思えるところです。しかも例の如く独特の言い回しを少女たちに使わせるのが桜庭さんが確立した一種の武器であり特許を取得できそうなくらいオンリーワン。また、少女を描いているといこともあって儚くも美しい。しかし、その実残酷で醜さをも併せ持つという少女勘がありありと見受けられました。もし、わしが少女時代を過ごしえた女性であったならどんな感想を持つのか知ってみたい気もします(でも、わしが女性だったらヤバイゾ)物語は読んでみるのが一番ですが、最後は元の鞘に収まるといった感じがなにか清清しくてとても好みな終わり方でした。

桜庭さんは欠陥、少女、血脈、文体と共通テーマが多いみたいです。がマンネリ化せずにジワジワと上がってきたのはエンターテイメントとして優れているからでありますが、この完成度にしてはちょっと遅咲きな感じもしないではないですがラノベの頃の作風を知らないのでなんとも。しかしエンタメであるのに、文学にもなりえるという日本文壇と読者にとって貴重な作家さんであることは間違いな~い。

この時点でこんな素晴らしい作品なのだから『赤朽葉~』はどれほどのものなのか。『私の男』はもはや小説ではないのではないか!?(じゃあ何?)と期待が暴走しそうなくらい回ってくるのを待ち焦がれています(^▽^;)


3.4 なむなむ!

↓参加しております^^

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
人気ブログランキングへ
関連記事
スポンサーサイト
.01 2010 【本:言語芸術】 comment2 trackback1

comment

igaiga
あたしこれ好きだったんですよね~。
GOSICK以外はこの作品しか読んだことがないのですが、今一番気になるのが「私の男」です。
「キモい」と評判なこの本!!(爆)
早く読みたいです~。
2010.12.01 09:21
チルネコ

>igaigaさん

これはどちらかというと女性の読者さんのほうが入り込めそうな
作品でしたよね^^
本書では作中に出てくる本をチェックして実際に読むのが楽しかったですw
『私の男』は確かにキモイ目線で読むとただのキモ小説かも知れません^^;
でも読み方によっては評価できる文学的な作品とも言えますので
試して見てください。
2010.12.01 23:31

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://kurogokegumo.blog135.fc2.com/tb.php/98-d4096b4b
青少年のための読書クラブ 桜庭一樹 東京・山の手の伝統あるお嬢様学校、聖マリアナ学園。校内の異端者(アウトロー)だけが集う「読書クラブ」には、長きにわたって語り継がれる秘密の“クラブ誌”が...

プロフィール

チルネコ

Author:チルネコ
読書をライフワークとしております。読むジャンルは本のジャンルは基本的に小説です。特に文学、ミステリ、SFを好み。何かお薦め本があればご指南ください。リンク・コメント・TBも大歓迎ですのでどうぞよしなに^^

カレンダー

<< 10
2017
>>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

訪問者数

ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ

書評サイトさん

読書&鑑賞メーター&音楽メーター

チルネコさんの読書メーター チルネコさんの読書メーター チルネコの最近読んだ本 チルネコさんの鑑賞メーター チルネコの最近観たビデオ
http://ongakumeter.com/u/1347

MY リンク

ブログ内検索+用語検索

ブロとも申請フォーム

ブロとも一覧

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。